宿泊
ジビエ / 地元産 / 川魚 / 陣馬山

陣馬山南麓の雄大な自然を五感で堪能できる
アットホームな宿でゆったり時間を過ごす

・・・陣渓園・・・

JR藤野駅から送迎バスで15分ほど。その短い道のりがなんといっても印象的だ。甲州街道から沢井隧道(トンネル)を抜けると、のどかな沢井川沿いの道は広がる。やがて陣馬山登山口から峻険な山道へと山の景色はどんどんと変わっていく。その先に、陣馬山南麓の雄大な山景色を間近に見ることのできる宿『陣渓園』がある。

宿の前を流れる栃谷川のせせらぎは心を静めてくれるよう。夏場は川遊びができ、子どもたちに大人気。眼前には陣馬の山々が広がり、その表情は四季折々に変わっていく。初夏には近くの川にホタルが飛び交い、秋には紅葉が、冬は霜柱の花を見つけることができる。宿から5分ほど山道を登ると天気さえ良ければ富士山も見えるとか。

「都会からいらっしゃると、静かで空気の良さに驚く方もいらっしゃいます。違う世界にきたような感覚を楽しんでいただきたいですね」とはオーナーの大木康敏さん。確かに、趣きのある佇まいの宿を前にすると、しばしタイムスリップでもしたような錯覚になるかもしれない。

四方を山に囲まれた抜群のロケーションとノスタルジックな”隠れ宿”だけに、これまでに数々のドラマや映画、バラエティ番組の舞台となってきた。ロビーに並んだ数多くのサイン色紙を眺めてみれば、多彩な著名人に愛されてきた宿であることがわかる。

創業から50年。長年に渡って陣馬山の登山客の疲れを癒やしてきたのが自慢の岩風呂だ。温泉ではないものの、天然の鉄平石を贅沢に使用した岩風呂は、温浴効果が高く風呂上がりの爽快感も心地よい。宿泊者は24時間入浴可能というのも嬉しい。

夕飯には地元で採れた季節の川魚、山菜料理に加えて、藤野名産ゆずを使った逸品料理、鹿刺し猪鍋といったジビエ料理も楽しむことができる。事前に確認をしておけば部屋食で夕飯を取ることも可能。アットホームな客室で、家族ゆったりと時間を過ごすことができる。

マスのつかみ取り体験(期間 7/1~8/31 悪天候時中止)や、竹のマイ箸作り、木の枝鉛筆作り(ともに3名より)といったプランも人気。宿泊することで土地の恵みを五感で味わい、遊びやモノづくりを通して得た経験を持ち帰ることができるのも、ここ陣渓園ならではの魅力だ。

「陣渓園」
〒252-0183
相模原市緑区吉野1848
042-687-2537
http://jinkeien.fc2web.com/
JR藤野駅より無料送迎バスで15分。相模湖インターから車で20分。

宿泊料金
一泊二食 10,497~17,496円(お子様=大人料金の80%)
幼児 2,332円(布団あり)1,166円(布団なし)
日帰り入浴 1,000円
チェックイン14:00 チェックアウト10:00